福田愛依(ふくだ めい)は、18歳、女優志望の”日本一かわいい女子高生”ミスコンの3代目グランプリに輝いた女性タレントです。

出典元:女子高生ミスコン 公式ホームページ

女子高生ミスコンでは、プリ機やSNS投票など、女子高生の生活に馴染んだ投票による審査方法が取り入れられ、「女子高生が選ぶ女子高生のNo.1」を決めるミスコンとして話題になっています。

 

スポンサーリンク

福田愛依は女優志望、愛称は”めいめい”

福田愛依の将来の夢は女優です。

彼女の憧れの女優は仲間由紀恵、女優を目指す出発点について、小学生の頃に見た仲間の主演ドラマ『ごくせん』に影響を受けた、と打ち明けています。

福田愛依の愛称は”めいめい”です。

女子高生ミスコンは、名前ではなくニックネームで投票することになっていて、活動も全てニックネームを使う慣わしのようですね。

女子高生ミスコン 公式ホームページ

 

スポンサーリンク

福田愛依は”日本一かわいい女子高生”ミスコン3代目グランプリ

福田愛依は、今年の3月に東京の渋谷ヒカリエで行われた、”日本一かわいい女子高生”を決定する「女子高生ミスコン2017-2018」全国ファイナル審査においてグランプリを獲得しました。

グランプリを受賞しためいめいは、

「少し自分の夢に近づけたかな…これからも満足せず、自分の夢に向かって努力していきたい」

出典元:modelpress 今年度“日本一かわいい女子高生”決定

と語っています。

「女子高生ミスコン」は、過去に舟山久美子や吉木千沙都を輩出した、“日本一かわいい女子高生”を決定する女子高生限定のコンテストです。

初の全国開催となった2015-2016年度は、永井理子が初代“日本一かわいい女子高生”に輝き、2016-2017年度は、船越雪乃がグランプリに輝いており、福田愛依は3代目のグランプリになります。

一般的に女性対象のコンテストは、どちらかと言えば女性だけでなく男性目線も意識した審査と思われがちですが、女子高生による女子高生のためのコンテストのような位置づけにしているのは、主催者側の作戦が上手くハマっている感じがしますね。

他のコンテストと一線を画しているような印象があり、メディアも好んで取り上げやすいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

福田愛依は現役高校3年生、芸能活動中

現在、福田愛依は福岡県に在住、筑陽学園高校の現役高校3年生です。

部活動はチアリーディング部に所属し、全国大会出場の経験もありましたが、ミスコン出場に集中するために辞めてしまったそうです。

学業に専念するために部活動を辞めるというパターンはよく聞きますが、ミスコン出場に集中するためとは、彼女の芸能界への思い入れの強さを感じます。

また、チアリーディング部だけでなく、当時つき合っていた彼氏とも、ミスコン出場のために別れたと公言しています。

少し徹底しすぎていて、そこはかわいくないかもしれませんね。

現役高校生として芸能活動を開始した彼女は、地元福岡県の夏の高校野球大会番組のイメージモデルを担当したり、日本一の高校ダンス部を決めるDANCE CLUB CHAMPIONSHIPのオフィシャルサポーターに就任したりと、徐々に存在感を高めています。

ミスコングランプリの特権として、大手芸能事務所に所属するチャンスが与えられ、彼女はエイベックスと契約しています。

彼女にとってエイベックスが主催するイベントへの参加や、人気テレビ番組に優先的に出演できる環境は、露出度が高くなる条件として大変有利と言えます。

ひと昔前まで既に芸能人となった学生や芸能人になりたい学生は、そのほとんどが地元を離れ上京し、東京の学校に転校して通う傾向にありましたが、最近では必ずしもそうではなく、東京と地元を行き来して地元の学校を卒業してから上京するケースが増えてきたように思います。

本人を取り巻く環境、家族や学校との関係、芸能事務所の許容範囲などが、時代とともに変化してきたのでしょうか。

福田愛依が福岡に住みながら東京で芸能活動をする形態は高校を卒業すれば終わり、その後、普通に上京するのかもしれませんが、地方創生の観点から見て、芸能人の地元と東京のダブル拠点での活動を大いに期待したいところです。

ということで、3代目、女子高生ミスコングランプリの福田愛依、強気なアイドルとして、世の中に話題を提供してほしいと思う次第です。

 

スポンサーリンク