TKBが災害時の避難所に必要、こうした提言を専門家の学会がまとめました。

日本と同様、繰り返し大地震に見舞われているイタリアでは、避難所へのTKBの導入は標準的に行われています。

出典元:NHK NEWS WEB “災害時の避難所には「TKB」” 学会が提言

TKBは、トイレ・キッチン・ベッドの略で、学会は災害関連死を防ぐために避難所の環境改善として、これを促進する必要を訴えています。

AKBにあやかっての親しみやすいキーワードでしょうか。

普及を狙うのであれば、大いに賛成、みんなが覚えやすい呼び方は良いことだと思います。

 

スポンサーリンク

TKBを災害時の避難所に導入、イタリアでは標準的

避難所・避難生活学会は、避難所へのTKBの導入が標準化している海外事例として、日本同様、繰り返し大地震に見舞われているイタリアの例を紹介しています。

2年前のイタリア中部の大地震では、避難した被災者のため家族ごとにテントとベッドが支給され、災害発生から48時間以内に広くて掃除がしやすいコンテナ型のトイレが整備されました。

イタリアのコンテナ型トイレ

出典元:DIAMOND online イタリアの避難所に被災後真っ先に届く3つのものとは

また、災害の発生直後から、被災者に温かい食事を提供する態勢も即座に整えられています。

調理を担うボランティア団体は、キッチンカーと呼ばれる台所を備えた車を各地に準備し、災害発生後直ちに調理師がパスタなどの温かい食事を用意します。

イタリアのキッチンカー

出典元:DIAMOND online イタリアの避難所に被災後真っ先に届く3つのものとは

イタリアでは、国の機関がボランティア団体に指示を出し、費用を負担する仕組みが整えられているのです。

これにならい学会は、日本でも導入を検討する必要があるとしています。

避難所・避難生活学会の水谷嘉浩理事は講演で、以下のように述べています。

「日本では、TKBのうち“キッチン”が最も遅れている。イタリアの事例を参考に変えていかなければならない」

出典元:NHK NEWS WEB “災害時の避難所には「TKB」” 学会が提言

イタリアでは、トイレ、キッチンカーによる食事、そしてベッドの3つが、すばやく避難所に運ばれます。

この時、トイレはもちろん、ベットと食事の場所もすべて別です。

衛生面だけではなく、被災生活が日常生活からかけ離れたものにしないためにも、寝る場所と食事の場所を一緒にはしません。

さらに、朝、地震が起こったら、夕方にはこの3つが到着することを目指しているそうです。

目標12時間以内ですので、Amazonプライムなみですね。

その後、テントは法律で48時間以内、マットレスのベッドは1週間以内の到着を目指しているそうです。

国が基準を決めて、TKBが準備されていることが予めわかっていれば、災害時、被災者にとって心理的な助けになるでしょう。

 

スポンサーリンク

TKB早期導入は、災害関連死を防ぐための環境改善

医師や災害の専門家で作る避難所・避難生活学会は9日、千葉県松戸市でシンポジウムを開きました。

シンポジウムでは、国や自治体などに対して、災害時の避難所の環境の抜本的な改善を求める提言をまとめました。

近年、災害時の避難生活による体調の悪化などで亡くなる災害関連死が問題になっています。

学会の提言では、災害関連死の主な原因は、不便で不潔なトイレや冷たい食事、床での雑魚寝などといった避難所の環境にあるとしています。

このような状況を改善するためには、避難所では快適で十分な数のトイレや温かい食事、簡易ベッドを提供することを標準とすべきです。

そのために、平時よりTKB=トイレ・キッチン・ベッドの準備をしてストックしておく必要があるとしています。

必要とするTKBの現状と改善

【T=トイレ】

現状:避難所でトイレの数が不足していたり汚かったりすると、水や食事を控える人が増える傾向。

改善:健康上のリスクを高めることにつながるため、快適で十分な数のトイレを導入する。

【K=キッチン】

現状:避難所では、衛生上の問題からパンやお握り、弁当など、冷たくて栄養の偏った食事が出ることが多い。

改善:被災者が体調を崩すほか、精神的な負担につながるため、キッチン・台所を利用して温かく、栄養のとれる食事を出すことが必要。

【B=ベッド】

現状:避難所では、段ボールベッドなどの簡易的なベッドが一部で使われ始めている。

改善:ベッドを使えば、寝ているときに床から舞うほこりを吸い込みにくいため衛生的な環境を保てるほか、床から伝わる冷たさを防いだり、いす代わりに腰掛けて使えたりする利点もあるので導入を促進する。

TKBが導入されれば、避難所においても普通の生活に近い環境を得ることができる、というわけですね。

 

スポンサーリンク

TKBの基準づくり、国が主導して取り組むべき課題

これまで日本では、多くの避難所は床に雑魚寝、食事はおにぎりやパンが中心で、仮設トイレはすぐに設置されていませんでした。

避難所の生活環境については、国際的な人道支援グループなどが定めた基準がありますが、日本は多くの点でこれを満たしていないと指摘されています。

学会は昨年12月、今後の災害で関連死を出さないための提言をまとめ、避難所への「トイレ、キッチン、ベッド」(TKB)の導入がキーワードで、国が主導して取り組むべきだとしていました。

トイレが汚いと 排泄はいせつ 回数を減らそうと水分を控えるため脱水状態に近くなり、肺に血の塊(血栓)が詰まる「エコノミークラス症候群」を引き起こす恐れが高まります。

災害発生直後より、避難所には清潔なトイレを多数用意することが求められます。

食事は、おにぎりやパンなど炭水化物ばかり続けば体調を崩しかねません。

食堂テントやキッチンカーの導入などで、栄養バランスの良い温かい料理を現場周辺で調理し、災害直後から避難所で提供できる環境が望ましいです。

床に雑魚寝では体が痛くて十分睡眠が取れず睡眠不足になってしまいます。

避難所は多くの人が出入りするため粉じんの量が多く、長期生活ではカビも発生しますので、床の硬さや冷たさを感じずに眠れる段ボールベッドが役に立ちます。

出典元:リスク対策.com <北海道地震>段ボールベッド提供次々

TKBのうち、B=ベッド、段ボールベッドは、各地で起きた災害で導入が進みつつあります。

学会の調査によれば、西日本を中心とした豪雨では、岡山県倉敷市が災害の発生から10日ほどあとに2,000余りの段ボールベッドを導入し、すべての避難者に行き渡ったほか、北海道地震では、震度7を観測した厚真町の避難所で、地震発生から3日後に段ボールベッドが届いたということです。

段ボールベッドの提供は、自治体と段ボール業界団体の防災協定によって行われていますが、先月までに全国31の道府県でこうした協定が結ばれているということです。

毎年のように起きる災害、日本では南海トラフ巨大地震や首都直下地震が心配されていますし、いつでもどこでも誰にでも、そのリスクがあります。

TKBを事前に備える動きについても日頃から協力すべきですし、情報を十分に学習しておいたほうが良いと思います。

 

スポンサーリンク