公開映像が事実の裏付けになるのでしょうか、それとも、新たな日韓関係の揉め事の種になるのでしょうか。

韓国軍の艦艇から射撃管制用レーダーの照射を自衛隊のP1哨戒機が受けた問題で、防衛省は当時、自衛隊が撮影した映像を公開しました。

出典元:livedoor NEWS 防衛省がレーダー照射の映像を公開

公開された映像は、警戒監視のために外部の様子を撮影したものです。

その映像には、機内の隊員たちがレーダーの照射を受けたと報告する音声が収録されていて、防衛省は日本側の説明の客観性を裏付けるものだとしています。

日本の対応として、このタイミングで映像を公開することは効果的なのでしょうか。

海上自衛隊の行動について国民の理解を得ること、韓国がウソを言っていることを暴露すること、国際的に日本の方が韓国より正しいと証明することなどが、その狙いなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

公開映像が裏付けか?自衛隊が警戒監視のため撮影

28日の会見で、防衛省の岩屋毅防衛相は

「照射を受けた事実を裏付ける具体的なデータ、証拠を有している。

海自が国際法にのっとり、適切な行動を取ったと国民に理解してほしい」

と述べました。

公表する映像は、自衛隊のP1哨戒機がレーダー照射を受けたことや、韓国側が主張する低空飛行をしていないことを示すものだとしています。

防衛省によれば、韓国海軍の駆逐艦が20日午後3時ごろ、石川県・能登半島沖の日本海で、海自P1哨戒機に、武器使用の前提となる火器管制レーダーを一定の時間継続し、複数回にわたり照射しました。

一方、韓国側は、P1哨戒機が駆逐艦の上空へ低空飛行してきたため、レーダーに付属しているカメラを向けたが、レーダーを照射した事実はないと反論、双方の言い分が食い違っていました。

27日、日韓両国の防衛当局はこの問題をめぐって初めてテレビ会議システムで協議を行いましたが、韓国側はこれまでの主張を繰り返し、平行線をたどりました。

ところで日本側は、映像を公開するのならば、27日の会議に提出するということはしなかったのはなぜでしょうか。

テレビ放送などで公開する前に、日韓両国の防衛当局同士で映像を確認することは、意味がなかったのでしょうかね。

お互いを信用していないことの現れかもしれませんが、できれば堂々とやってほしいものです。

 

スポンサーリンク

韓国軍艦艇からレーダー照射されたP1哨戒機の様子

公開された映像は、海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍の駆逐艦の付近を飛行していたおよそ13分間を記録したものです。

まず、P1哨戒機が韓国軍の駆逐艦の後方から近づいていき、周囲を旋回しながら飛行していきます。

映像が始まっておよそ6分後、駆逐艦の左前方およそ5000メートルを飛行していた際、機内の隊員たちが射撃管制用レーダーの照射を受けたことを指す「FC系出している」とか「FCコンタクト」などと、次々に報告する音声が聞こえてきます。

隊員が「避けたほうがいいですね」と言うと、機長は「はい、了解」、「いったん離隔する」などと短く答えるやり取りが伝わってきます。

P1哨戒機は回避行動を取ったあと、少し距離を取って警戒監視を続けた後で、「めちゃくちゃすごい音だ」「この音覚えておいてください」という音声が続きます。

これは電波を音に変換する装置をヘッドホンで聞いていた隊員らの発言のようです。

防衛省によれば、この部分は射撃管制用レーダーの特徴である強い電波が出されたことを示す内容だとしています。

また、「砲はこちらを向いていない」という発言もあり、この時、駆逐艦の大砲がP1哨戒機に向けられることはなかったことがわかります。

さらに、「FCレーダーらしき電波探知」、数分後、「また探知」という音声が記録され、複数回、レーダー照射を探知した様子が記録されています。

続いて、P1哨戒機の隊員が「貴艦のFCアンテナがわれわれを指向したことを確認した。貴艦の行動の目的は何ですか」と英語で繰り返し呼びかけている音声が収録されていますが、韓国側から反応はみられませんでした。

映像からは当時、現場海域は晴れて見通しもよく、波も1メートル程度とおだやかな天候だったことがわかります。

当時の通信環境などについて、韓国側は通信状態が悪かったと主張していましたが、そのような状況ではないことがわかります。

また、映像からは韓国が主張するように、P1哨戒機が韓国軍の駆逐艦に無理に近づいたり、真上を飛行するような場面は見当たりません。

防衛省は自衛隊側に問題はなかったと改めて説明しています。

これは私見ですが、P1哨戒機に乗っている自衛隊員は終始冷静で優秀な人たちだなと感心しましたし、「砲はこちらを向いていない」ことを確認し、相手は撃ってこないということをしっかり押さえていたように見えました。

つまり、韓国はレーダー照射だけで、撃つ気はなかった、無責任なことは言えませんが。

自衛隊員が言ったとおり、「目的はなんですか」ということを聞きたいわけですよね。

であれば、映像を後出しにするのではなく、当初から公開しても良かったように思います。

 

スポンサーリンク

韓国国防省は「客観的証拠とは言えない」と否定的

28日午後、韓国国防省は自衛隊の防衛省が映像を公開したことについて、「客観的な証拠だとはいえない」というコメントを発表しました。

その上で、改めて自衛隊のP1哨戒機を狙ってレーダーを照射したという日本側の主張を否定しました。

韓国国防省のチェ・ヒョンス(崔賢洙)報道官は

「互いの誤解を払拭(ふっしょく)し、協力関係の発展を模索する趣旨で実務者によるテレビ会議を開いてからわずか1日で、日本側が映像を公開したことに対して、深い憂慮と遺憾を表明する。

人道主義的な救助活動に集中していた韓国軍の艦艇に、日本のP1哨戒機が低空で危険な飛行をしたことは、友好国として非常に残念なことだ」

と述べました。

そして、映像の内容に関して、

「単に哨戒機が海上で旋回する場面と、隊員たちの対話の場面だけで、常識的に追跡レーダーを照射したという主張の客観的な証拠とはいえない。

事実関係をごまかしているものだ」

として、改めて韓国軍艦艇が自衛隊のP1哨戒機を狙ってレーダーを照射したという日本側の主張を否定しました。

P1哨戒機の隊員が繰り返し、韓国軍艦艇に呼びかけたものの応答がなかったことについては、報道官は言及しませんでした。

一方で、報道官は

「日本側の行動は遺憾だが、韓国としては両国の防衛協力関係を未来志向的に発展させなければならないという立場に変わりはない」

と述べました。

韓国が大人げないのは、最後に自分たちの方が大目に見てやってるんだよ、的な発言を必ずくっつけて来るところですよね。

逆に大人なんですかね、これは頭にきます、残念ながら。

余談ですが、子どもの頃、口ゲンカに負けない子がいました。

その子は、誰からどんなひどいことを言われようとも、笑みを浮かべてこう返していました。

「ふ~ん、そう、あんたがね!」

文句を言われたらオーム返し的に、それはあなたの方がそうでしょう、と返すわけですね。

10回言われたら、10回返します。

「ふ~ん、そう、あんたがね!」

いつの間にか疲れてしまい、ケンカも終ってしまいます。

国際的に「あんたがね!」は通用しないかもしれませんが、見習う部分もあるかもしれません。

 

スポンサーリンク