皆藤愛子はフリーアナウンサー、女性キャスター、タレントとして有名ですが、書道5段の腕前、趣味はフラメンコ、など個性的なキャラの持ち主です。

出典元:株式会社 セント・フォース ホームページ 皆藤愛子プロフィール

皆藤愛子は、テレビでは『めざましテレビ』のお天気お姉さんとしてブレークしましたが、ラジオのパーソナリティの経験もあるマルチタレントです。

2015年4月には、BS-TBS『週間報道Bizストリート』のメインキャスターに就任し、2年間の間、出演しています。

現在、34歳、女子アナウンサーとしては中堅のキャリアになりますが、フリーとして働くにはちょうどいい感じの年齢かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

皆藤愛子は書道5段、Eテレ『高校講座 芸術 書道Ⅰ』のMC

皆藤愛子は、2015年の4月からNHKのEテレ『高校講座 芸術 書道Ⅰ』のMCを務めています。

書道5段の腕前で、師範の資格を目指して勉強中だった彼女、書道教室を開くのが夢だったそうです。

書道の師範?アナウンサー、お天気キャスターとは違う側面も見せてくれています。

書は、漢字やひらがな、カタカナを使って、自分の気持ちや感動を表現するアート、という触れ込みです。

『EテレのMC=かしこい人』という印象があります。

彼女にとって、プラスの経験になったことでしょう。

最近では、パソコンで活字をタイピングする方が主流になりましたが、時代が変わっても、字が上手い人は一目置かれるし、手書きの機会があればみんなから重宝されるはずです。

書道が上手いと他人が知れば、それだけで頭がいい、賢い人だとみなされるので、大きなメリットだと思います。

 

スポンサーリンク

皆藤愛子の趣味はフラメンコ、しゃべって踊れる女子アナ

皆藤愛子は、千葉県出身、小学生のころからアナウンサー志望で放送委員会に所属していました。

高校2年生のときに、ニュージーランドに入学、このころに英語力が培われたようですね。

彼女は、早稲田大学第一文学部に進学、フラメンコ・サークルに所属していました。

フラメンコは、今では趣味のひとつとなっています。

大学在学中、知人の紹介で芸能事務所の『セント・フォース』に入り、2005年4月から、フジテレビ系情報番組『めざましテレビ』お天気キャスターに選ばれました。

早稲田大学を卒業するのは、2007年の3月ですから、当時は女子大生お天気キャスターだったということですね。

女子大生タレントは鮮度が良いというだけで採用されますし、仕事で多少の間違いをしても許されます。

卒業前に準備段階としてタレント活動することは、正解だと思いますが、誰でも出来ることではありません。

皆藤愛子、早いうちからテレビ業界に目をつけられていた証拠かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

皆藤愛子はラジオも得意、ニッポン放送『あいラジ』出演

皆藤愛子は、2010年から2年間、ニッポン放送のラジオトーク番組『皆藤愛子 あいラジ』のパーソナリティを務めていました。

あいラジは、毎週日曜日の夕方の30分番組です。

番組は、彼女の「今気になること」や「オフの過ごし方」などプライベートな話まで、癒し系の内容だったようですね。

例えば『めざましテレビ』でのキャスター、取材の経験で培った様々なエピソードや、放送では見せなかった素顔、趣味などを紹介しました。

日曜日の夕方は翌日からまた週が始まってしまう、休みが明けてしまう感じ、なんとなく心が寂しい気分になるので、癒し系の番組が良いです。

『皆藤愛子 あいラジ』は、ピッタリだったかもしれません。

また、日曜日の夕方と言えば、同じく癒し系のテレビアニメ『サザエさん』が定番、放送時間がカブってたかもしれません。

皆藤愛子は、テレビだけではなく、顔を出さないラジオ番組のパーソナリティも得意ということですが、早い頃からマルチな才能を発揮していたのですね。

多彩な才能の持ち主、フリーアナウンサーの皆藤愛子、今後の活躍にも期待しましょう。

 

スポンサーリンク