安倍晋三首相、それはマジですか?

安倍首相は昨年8月22日の日米電話協議の際にトランプ大統領から依頼され、ノーベル平和賞候補に推薦していたことが分かりました。

出典元:毎日新聞WEB版 トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼

安倍首相は「北朝鮮との緊張緩和」を理由に推薦書を作成したものと見られています。。

日米首脳の連携を保つ目的とみられますが、トランプ氏は国際社会を分断するような場面も多いだけに、18日、野党から「恥ずかしい行為」などと一斉に首相への批判が上がっています。

 

スポンサーリンク

安倍首相、日本国民を代表してトランプ大統領を推薦、マジですか?

複数の外交関係筋によると、トランプ大統領は安倍首相との電話協議で、

「6月の米朝首脳会談後、ミサイルは日本の上空を飛んでいるか?」

などと話し、ノーベル平和賞推薦を首相に打診したそうです。

安倍首相は、18日の衆院予算委員会で推薦について「ノーベル賞委員会は推薦者を50年明かさない」とコメントを避ける一方、「事実ではない、と申し上げているのではない」と歯切れの悪い答弁に終始しました。

しかし、ある関係者は「トランプ大統領の電話が伏線だった」とこれを認めました。

出典元:毎日新聞WEB版 トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼

安倍首相側には、トランプ大統領との関係を悪くしたくない意向があったのは確かのようです。

昨年、対日貿易赤字解消を求めるトランプ大統領に配慮し、日本政府は米製ステルス戦闘機F35の大量購入を決めるなどしました。

トランプ大統領の圧力から、輸出が主力の日本の製造業を守るために、外務省幹部は「日本は安倍首相のおかげで助かっている」と強調しています。

しかし、衆院予算委員会で野党は、中距離核戦力(INF)全廃条約やパリ協定、イラン核合意から離脱するなど、国際社会と対立しがちなトランプ大統領への推薦は他国の疑問を招きかねない、と訴えました。

立憲民主党会派の小川淳也氏は「ノーベル賞はありえない。日本として恥ずかしい」と訴え、「大統領に敬意を表すべきだ」と反発する首相を「そこまで対米従属しないと首相は務まらないのか」と皮肉交じりに批判しました。

国民民主党の玉木雄一郎代表は「拉致問題も核・ミサイルも解決していない」と指摘しました。

安倍首相は「トランプ大統領は北朝鮮問題に果断に対応している」と答弁しました。

こちらの記事もおすすめです↓

トランプ大統領フェイクニュース? 安倍首相がノーベル平和賞推薦

日本にとって、北朝鮮との問題の一部をトランプ大統領に委ねることは必要だと思いますが、ノーベル平和賞の推薦はある意味、日本からアメリカへ便宜を図ってもらうためのもの、すなわち安倍首相からトランプ大統領への賄賂(わいろ)に近いもの?のように思えてなりません。

トランプ大統領はノーベル平和賞という名誉ある賞を掲げて、一国の最高権力者の安倍首相からその推薦を受けたと声高らかに発表しています。

国際社会へのインパクトという点で見ると、日本はアメリカの属国であることを認める行動であると、一部では見られているかもしれませんね。

そこのところはお茶を濁さずに、安倍首相に毅然とした態度でやってもらいたいものです。

 

スポンサーリンク

安倍首相はトランプ大統領の愛犬?ノーベル平和賞の推薦依頼受諾

そもそも、トランプ大統領が「推薦された」などと記者会見という公の場で自慢すること自体、いかがなものでしょうか。

今まで見たことがありませんし、「それが何か?だからどうしたんですか?」という感じがします。

何しろ、ノーベル賞の受賞者を発表するのも、候補者を決めるのも、ノーベル財団によるものです。

それ以上に推薦したという安倍晋三首相は、本人はお付き合いか何かのつもりでしょうか、信じられない行動です。

それほどトランプ大統領に花を持たせたいのでしょうか。

トランプ氏がヒラリー・クリントン氏に勝ち、アメリカの第45代大統領に決まったとき、安倍首相はどこの国の首脳よりも先にトランプ氏の元を訪れてお祝いの言葉を述べていました。

あのときの安倍首相は今よりもっと堂々としていて、互角とまではいわずとも負けずに渡り合っていたように記憶しています。

しかし最近は、トランプ大統領にもっぱら使われているイメージの方が強くなり、一部では、もはや安倍首相はトランプ大統領の愛犬だ、との声もあります。

 

スポンサーリンク

トランプ大統領はノーベル平和賞の話を、国家非常事態宣言の場で

トランプ大統領は国家非常事態の宣言を伝えた同じ記者会見で、安倍首相がノーベル平和賞候補に自分を推薦してくれたと暴露しました。

日頃メディアから評価されていないことに苛立っているトランプ大統領としては、暴露することで、自身はノーベル平和賞に値すると主張したかったのでしょう。

しかし、朝日新聞などによると、アメリカ政府側が安倍首相に平和賞候補推薦を依頼したという裏があったとのこと。

つまり、ノーベル平和賞ほしさに、トランプ大統領が自作自演したもの。

アメリカ政府から推薦の依頼がきたのは、昨年の米朝首脳会談後のことだそうです。

日米貿易協議を控えていた安倍首相としては、貿易交渉を円滑に運び、トランプ大統領との間にひびを入れないためにも、推薦願いは拒否できなかったということでしょうか。

安倍首相は18日の衆院予算委員会で、推薦の事実についてコメントを控えたものの否定もしませんでしたが、問題はトランプ大統領の暴露が世界に轟いてしまったということです。

トランプ大統領が安倍首相の推薦状の文面を正確に伝えていたとしたなら、そこには「日本を代表し、謹んであなたをノーベル平和賞に推薦する」と書かれていました。

すなわち、ノーベル平和賞の推薦は日本の民意ということになってしまいます。

しかし、いったい国民のどのくらいの人が、トランプ大統領がノーベル平和賞に値すると考えているでしょうか?

NHKが1月15日に公開した日米世論調査の結果によると、「トランプ大統領の印象」について「悪い印象」を持っている日本人は54%と「良い印象」を持っている日本人18%の3倍もいます。

また、トランプ大統領は米朝関係が改善したことで日本上空をミサイルが飛ばなくなったと豪語していますが、「北朝鮮の核・ミサイルの脅威度」について「脅威である」と感じている日本人は81%もいます(「非常に脅威である」と感じている日本人が48%、「ある程度脅威である」と感じている日本人が33%)。

トランプ大統領のおかげで、北朝鮮のミサイルの脅威がなくなった、とはとても言えない状況です。

やはりこれは、常々トランプ大統領が非難するフェイクニュースを自ら発信しているとしか思えませんね。

安倍首相が推薦する以前に、世界のどのくらいの人が、トランプ大統領に好感を持っているのか、いないのか、調査をしなくとも結果は明らかのような気がしますが。

トランプ大統領にお付き合いで推薦をしてあげたなら、安倍首相はトランプ大統領の口もふさいでおく必要がありましたね。

「ノーベル賞の推薦人と候補者は、50年間公表されないので、あなたも言ってはいけません」

まさか、守ってくれるはずもありませんけどね。

トランプ大統領の暴露のせいで、安倍首相は自分だけでなく国民も道連れに、世界に恥をさらしてしまったかもしれません。

 

スポンサーリンク